貯金箱と節約貯金ライフ

貯金で貯めたお金を資産運用するための投資運用「株式投資」について

トップページ > 株式投資

株式投資とは?



株式投資

株式投資とは企業が発行する株券を購入し、株価(株権の価値)の変動により利益を得る方法です。企業が成長し株価が上がれば、その分所得している株式の価値が上がり(その時点で売れば差分が利益となる)、また株価が下がればその分所得している株価の価値が下がります(その時点で売れば差分が損益となる)。


長期的スパンで世界中の株価を見てみると、過去は常に株価は上昇しています。つまり株式投資者全体で見れば、資産は増えています。しかしながら、保有する会社選択や、保有時期、手数料などを考えると大きな損失をもたらす可能性も容易に考えられます。また企業に対して投資を行いますので、投資した企業が倒産した場合は保有している株式の価値は無くなり、紙クズとなってしまうリスクもあります。

株式投資の特徴

1. ハイリスクハイリターン
2. 過去長期スパンで株価全体を見れば株価は上昇している
3. 必ず株価の上がる銘柄など存在しない


株式投資を始める前に

投資

株式投資を始める前に、認識しておく必要があることがあります。まず第一に「株価の上がる銘柄はこの世の誰も知らない」と言うことです。よく、上がる銘柄教えますや、こうすれば必ず勝てると言った謳い文句をよく見かけますが、騙されないようにしてください。未来の株価を知っている人がいません。リターンが大きければ、当然リスクは大きくなり、それを認識した上で投資してください。


また、当サイトでは元本割れの投資法についてはオススメしていません。投資による資産増加はリスクを伴ううえに、リターンは意外と少ないものです。またある程度の知識は必要になり、その努力をするのであれば、自己資金の収支をきちんを把握し、余分な支出を減らす節約法を身につける方が遥かに貯金は増えるからです。


株式投資の始め方

上記を読んだ上で、それでも興味のある方に、株式投資の始め方を説明します。

1. 証券会社に口座を作る。

まず証券会社に口座を作る必要があります。証券会社も色々あります。どこがいいかは資料請求やネットで調べてみてください。各社にそれぞれ特徴があり、手数料や機能が異なります。自分に合ったものを選びましょう。

2. 自分の口座に資金を入れる

これは銀行と同じです。株券を買うために予め資産を準備します。

3. 買う銘柄を選定し、株を購入する

買う会社によって株価の変動が激しかったり、緩やかだったりします。また同じ株式投資ですが、ハイリスクハイリターンな会社から比較的リスクの少ないものもあります。自分にあった銘柄を選定しましょう。買う銘柄が決まれば注文を出します。注文方法にも2通りあり「成行注文(その時の値段で購入する)」と「指値注文(自分の指定した値段になったら購入する)」の2通りです。注文を出し取引が成立すると、その株式があなたのものになります。これを約定と言います。


最後に

最後に、株式投資をいざ実践しようと思っている方、株式投資に対する考え方は色々あります。例えばリスクを極力減らすためにリスクを分散させる方法であったり、また自分の資産運用の目標額や運用年数に応じた運用方法の考え方など、資産運用を開始する前に考えておく必要が色々あります。株式投資を始める方は、ぜひそのあたりの考えもしっかり持った上で資産運用を実施してほしいと考えています。

Copyright © 2011 貯金箱と節約貯金ライフ, All Rights Reserved.